平成24年度


第26回 港南区民なぎなた大会が開催されました。

2月17日日曜日「第26回港南区民なぎなた大会」が港南スポーツセンターで開催されました。

 

北風が強く寒い日でしたが、スポーツセンター内の会場は寒さを吹き飛ばすような気合の入った発声が響いていました。

 

演技競技、小・中・高校生は先輩方にお相手をしていただきました。いい経験になりましたね。

一般・有段の方々の演技競技、みなさん姿勢がきれいです。

試合競技は団体戦で行われました。

この頃には会場も選手のみなさんの戦い、応援の声で熱気がこもってきました。

 

今回初めて試合競技に参加された選手のみなさんの活躍が光りました。

あれ?・・・・・これは何の競技でしょう・・・・・

打ち返しをしている様子

でもボールがあるのはなぜ?

おや?

今度は頭の上にお皿が!?

 

競技終了後のお楽しみ、なぎなたの基本を盛り込んだゲーム大会でした。

緊張の解けた選手のみなさんの笑顔がとってもステキでした。 

 

真剣勝負あり、楽しい勝負ありの港南区民大会、参加されたみなさんは、ますます“なぎなた”が好きになったことと思います。

 

選手のみなさん、お疲れさまでした。

応援に来てくださいましたみなさん、競技委員のみなさん、そして企画、運営してくださいました港南区なぎなた協会のみなさん、ありがとうございました。

(試合結果 ⇒ 大会記録

 


第47回 新春横浜スポーツ人の集いが開催されました。

新春1月18日金曜日 「第47回新春横浜スポーツ人の集い」が横浜文化体育館で行われました。

横浜のスポーツ分野において、永年にわたりスポーツの普及・振興、競技者の指導・育成に尽力された方々、各種大会ですばらしい成績をあげられた方々、168名、17チームが表彰されました。

また、昨年開催されたロンドンオリンピック・パラリンピックで活躍された横浜ゆかりの選手のみなさんによるトークショーも行われ、大変華やいだ集いとなりました。

 

本年、横浜市なぎなた連盟から藤本千春さんが表彰されました。

 

スポーツ奨励賞(優秀選手賞)   藤本 千春 (若竹)

                 第16回エンジョイなぎなた全国大会三段の部 優勝

また、集いの場をお借りして、エンジョイなぎなた全国大会開催にあわせて行われた短歌の募集で優秀作品に選ばれた 

 

          “たのしみは 工夫重ねし なぎなたに 友が気づきて 微笑みしとき” 

 

の作者 桑原ひろみさんに連盟から花束が贈られました。

 

今年も明るい話題からのスタートです。みなさん、また一年、楽しく(時には厳しく)お稽古に励んでくださいね。

 


皇后杯 第57回全日本なぎなた選手権大会、第12回全日本男子なぎなた選手権大会に出場しました。

12月1日土曜日「第12回全日本男子なぎなた選手権大会」、2日日曜日「皇后杯 第57回全日本なぎなた選手権大会」が、神奈川県横須賀アリーナで開催されました。

全国の都道府県、トップの選手が一同に会し、日本一を目指して競い合う大会、 神奈川県から4名の選手(3名は横浜市なぎなた連盟所属です)が出場、日頃のお稽古の成果を存分に発揮し、皇后杯では石井知夏選手がベスト8に入賞しました。

 【出場選手】

皇后杯なぎなた選手権  梅原 敬子 石井 知夏

男子なぎなた選手権        吉岡 高弘 和田 将治

 

大会期間中、競技委員として横浜市なぎなた連盟から多くのみなさんがご協力くださいました。

                                          連日早朝からありがとうございました。

                    


かながわシニアスポーツフェスタ2012 なぎなた大会が開催されました。

11月18日日曜日、神奈川県立武道館にて「かながわシニアスポーツフェスタ2012 なぎなた大会」が開催されました。

 

横浜市なぎなた連盟から9名の選手が参加し、優秀な成績をおさめました。

気品ある演技、そして試合競技にあらためてなぎなたの奥深さを感じました。

 

80歳を過ぎても凛とした立ち姿、本当に素敵です。

これからも、そして次回の大会でもまた素晴らしいなぎなたを見せてください。

(試合結果 ⇒ 大会記録

 

 


後期審査会が行われました。

11月11日日曜日、「後期審査会」が神奈川県立武道館で行われました。

 

初めて審査を受けられる方から、四段を受けられる方まで、たくさんの方々が緊張の面持ちで順番を待っていらっしゃいました。

 

進級、昇段された方々は次の目標に向かって、今回見送られた方々は次回に向けて、今日がまた新たなスタートです。

 


第16回エンジョイなぎなた全国大会に出場しました。

 

10月27日(土)、28日(日)の二日間、福井県立武道館(福井県福井市)にて「第16回エンジョイなぎなた全国大会」が開催され、横浜市なぎなた連盟会員の選手が優秀な成績をおさめました。

 

  試合競技 三段の部    優勝   藤本 千春(若竹)

                     (しかけ)      (応じ)

  演技競技 三段の部     3位   松本 典子(戸塚)  藤本 千春(若竹)

 

いつも明るくて元気なお二人の演技、試合は会場のみなさんの注目を集めたことと思います。  

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回、大会が開催された福井を代表する歌人に橘曙覧(たちばなのあけみ・1812~1868)がいます。「たのしみは・・・」で始まり「・・・とき」で終わるかたちの52首の連作「独楽吟」を詠み日常生活の中で感じた身近な楽しみを綴っています。

今年は曙覧の生誕200年にあたることにちなみ、「たのしみは・・・」で始まり「・・・とき」で終わる“なぎなた”をテーマとした短歌の募集がありました。

多数の応募作品から、横浜・萌クラブ、桑原ひろみさんの詠んだ短歌が「近なことを題材に、健康的で明るくさわやかな好感の持てる作品」ということで、優秀作品に選ばれました。

 

たのしみは 工夫重ねし なぎなたに 友が気づきて 微笑みしとき

 


平成24年度神奈川県民体育なぎなた大会兼第59回神奈川県なぎなた大会が開催されました。

                                               

10月21日 日曜日、神奈川県立武道館にて「第59回神奈川県なぎなた大会」が開催されました。小学生から一般有段者まで、たくさんの選手の方々が日頃のお稽古の成果を存分に発揮され、力のこもった演技、試合競技が行われました。

 

横浜の選手も健闘し、 演技競技・一般の部、試合競技・小学生の部、試合競技・男子の部で優勝をいただきました。

終了後、講評で演技競技、試合競技とも「打突部を正しく打つ」というお話がありました。大事なことですね。

 

また、神奈川大学付属中学校のみなさんによる「リズムなぎなた」の演舞がありました。熱戦の後のさわやかな演舞に会場からたくさんの拍手が贈られました。

 

 

選手のみなさん、お疲れさまでした。

大会役員のみなさん、そして応援に来てくださいましたみなさん、ありがとうございました。

(試合結果 ⇒ 大会記録

 


第14回横浜武道合同演武会が開催されました。

                                               

10月8日 月曜日・体育の日、横浜市南スポーツセンターにて「第14回 横浜武道合同演武会」が開催されました。

さわやかな秋晴れの一日、スポーツセンターには市内武道10団体が一同に会して、来場ののみなさんに演武を披露し、また体験をしていただきました。

 

今年はなぎなたの基本振り、しかけ・応じ技、直心影流なぎなた術のほか「リズムなぎなた」を披露しました。「リズムなぎなた」は音楽にあわせておこなうなぎなた演舞です。

なぎなたを知らない方でも日本の武道の美しい動きに魅了されたことと思います。

 

もっともっと、武道を身近なものに、多くの方々に親しんでいただけるよう願っています。

これからも演武会や体験教室にみなさんお出でくださいね。

 


県民スポーツ週間中央イベント「武道体験コーナー/教室」のご案内 

 

日にち  平成24年10月14日(日)

場  所  神奈川県立武道館

       (横浜市営地下鉄「岸根公園」下車)

参加費  無料

 

*武道体験コーナー  10時 ~ 12時 (受付9時30分)

           柔道、合気道、剣道、なぎなたの中から1回30分で3種目まで自由に回れます。

*武道体験教室    13時30分 ~ 15時 (受付13時)

           なぎなたは小学生以上、小道場で行います。

 

体験コーナー、体験教室とも申込みの締め切りを過ぎていますが当日参加も可能です。

用具は主催者で用意しますので、動きやすい服装でご参加ください。

 

                


第14回横浜武道合同演武会が開催されます。

 

日時   平成24年10月8日(月・祝)  10時30分 ~ 15時30分

会場   横浜南スポーツセンター

     (横浜市営地下鉄「弘明寺」下車 徒歩3分)

 

*なぎなた演武       14時30分 ~ 14時50分  1階第1体育室

                   基本振り、しかけ・応じ技、直心影流なぎなた術、リズムなぎなたを行います。

*なぎなた体験コーナー   13時20分 ~ 13時50分  2階第3体育室

                   実際になぎなたを持って振ってみることができます。 

 

横浜市の武道10団体(日本拳法、合気道、柔道、空手道、相撲、太極拳、少林寺拳法、弓道、剣道、なぎなた)の合同演武が今年も体育の日に開催されます。

武道は性別、年齢を問わず、生涯を通して続けることができます。

ぜひ見て、体験して、武道を身近なものに感じていただけると嬉しいです。

 

 


平成24年度横浜市民大会兼第47回横浜市なぎなた大会が開催されました

                                             

9月23日 日曜日、神奈川県立武道館にて「平成24年度横浜市民大会兼第47回横浜市なぎなた大会」が開催されました。

雨の降る肌寒い日でしたが剣道場は熱気であふれていました。 

演技競技、試合競技ともに選手のみなさんの勝負にかける意気込みが打突や発声から伝わってきました。

 

小学生から大人まで幅広い年齢のみなさんが一堂に会してのなぎなた競技、今年も盛況のうちに終了しました。

選手のみなさん、お疲れさまでした。競技委員のみなさん、雨の中、応援に来てくださったみなさん、ありがとうございました。

 

 

 

 


平成24年度横浜市民大会兼第47回横浜市なぎなた大会要項

 

1.目  的  広く市民各層のスポーツ振興とアマチュアスポーツ精神の高揚を図り、スポーツ交流を

         通じ健康で明朗な市民生活の確立を目的に開催する。共になぎなた愛好者の親睦融

         和を深め、競技力向上となぎなたの普及発展を図ることを目的とする。

2.主  催  横浜市市民局・(公財)横浜市体育協会・横浜市なぎなた連盟

3.主  管  横浜市なぎなた連盟

4.後  援  神奈川県なぎなた連盟

5.日  時  平成24年9月23日(日) 午前10時開始

6.会  場  神奈川県立武道館

         〒222‐0034 横浜市港北区岸根町725

         TEL 045‐491‐4321

7.参加資格 横浜市在住、在勤、在学者及び横浜市なぎなた連盟会員

         競技役員は選手を兼ねることができる。

8.競技内容 ◆演技競技(男女混合可)

          ・小学生の部(1.2.4)

          ・中学生の部(2.3.4)

          ・高校生の部(1.4.5) 参加者少数の場合は一般の部へ

          ・一般の部  (1.4.5)

          ・有段の部  (4.5.7) 初段~三段

            *一人でも申込み可、その場合組み合わせは主催者に一任ください。

       ◆試合競技

          ・一般の部  (小学生~一般すべて)

            *団体試合組み合わせは主催者に一任ください。一人でも申込み可

9.競技方法    ①(財)日本なぎなた連盟競技規定並びに審判規定による

       ②責任抽選とし、トーナメント形式により順位を決定する。

       ③試合時間は2分とし、勝敗が決しない場合は判定とする。

       ④演技は指定された、しかけ・応じ3本を旗形式で行う。

10.参加費   1,000円(お弁当代含む) 飲み物は各自持参

11.申込方法 締切期日 平成24年7月26日(木)

          申込み受付は終了しました。

12.その他  ①申込み締め切り後の参加費は返金致しません。

        ②参加者はスポーツ保険(傷害保険)に各自加入してください。

 

*競技の見学は自由にできますので、なぎなたに興味をお持ちのみなさん、ぜひ神奈川県立武道館までお越しください。

       


平成24年度競技役員研修会兼練習会のお知らせ

 

横浜市なぎなた連盟会員の技術向上を目的として研修会・練習会を行います。

 

日   時   ① 平成24年7月10日(火)  13:00 ~ 15:00

        ② 平成24年8月21日(火)  13:00 ~ 15:00

場   所   神奈川県立武道館 剣道場

参加資格      横浜市なぎなた連盟会員

講   師   教士 倉又明美

内   容   しかけ・応じ、防具、競技役員研修

参 加  費      無料

 


平成24年度神奈川県(横浜市)地域社会指導者研修会が開催されました。

                                      

6月9日土曜日、10日日曜日、神奈川県立武道館において「地域社会なぎなた指導者研修会」が開催されました。

講師として

全日本なぎなた連盟   小澤多喜子先生 佐藤静子先生

神奈川県なぎなた連盟 泉水孝子先生 野崎房江先生

をお迎えして、二日間ご指導をいただきました。

みなさん、最初は力が入りすぎていたようで、なぎなたは“力でない”ということをあらためて認識されたことと思います。

 

“心をあわせる”  忘れてはいけないことですね。

 


第53回都道府県対抗なぎなた大会に出場しました。

                                                

5月26日土曜日、27日日曜日の二日間、東京都港区スポーツセンターで「都道府県対抗なぎなた大会」が開催され、神奈川県選手として横浜市から4名、監督1名が出場しました。

大変素晴らしかったと先生方からお褒めのお言葉がありました。

 

                                   監督 竹内輝子(むつみ) 

                                   選手 梅原敬子(ひまわり)

               石井知夏(ひまわり)

                              宮林恵理(ひまわり)

                              楠生弥生(むつみ)

 


前期審査会が行われました。

                                               

5月6日連休最後の日曜日、神奈川県立武道館において「前期審査会」が行われました。

今回横浜から審査を受けられたみなさんは大変意欲あふれる方が多かったです。

なぎなたが大好きな証拠ですね。

 

 

 

 


平成24年度横浜市武道会連絡協議会研修会が開催されました。

                                               

4月28日土曜日 パシフィコ横浜会議場において「平成24年度横浜市武道会連絡会議研修会」が開催されました。

横浜にも市立武道館建設を!! という願いを込めた今回の研修会、会場は用意した席では足りないほどたくさんの方の参加がありました。横浜市なぎなた連盟からも渋谷会長はじめ多くの会員が参加しました。

 

「横浜の武道による人づくり」をテーマに林文子横浜市長の講演がありました。

武道は “礼に始まり礼に終わる” 一対一で向き合い、相手を受け止めようとする、人と対応する力を身につけることができる、ということを何回も繰り返しお話しされていました。

 

横浜は国際都市と標榜しているがそれにふさわしいだけのものを持ち合わせていない。大きな劇場もなく(もちろん武道専用施設もない)世界規模の大会、催しができない。これでは横

浜という大都市に住んでいて世界トップクラスのスポーツ、文化にふれることができない大変残念な状況だということで私たちも大きく肯いてしまいました。

 

今すぐの実現は難しいかもしれません。でも横浜に私たちが思い切りなぎなたをふれる武道館建設が少し近づいてきたように感じた講演でした。

 


平成23年度横浜市なぎなた連盟総会が開催されました。

 

4月24日火曜日 神奈川県立武道館会議室において、平成23年度横浜市なぎなた連盟総会が開催されました。

23年度事業報告、決算報告につづき、24年度の事業計画案、予算案が提案され満場一致で承認されました。

新しい役員の方々も決まり、新体制で24年度のスタートです。

今年度は横須賀市で全日本男子なぎなた選手権大会、皇后杯全日本なぎなた選手権大会が開催されます。また、引き続き、横浜市立武道館建設に向けての活動も続けていきます。会員の皆様もなぎなたのお稽古、そして連盟の活動にご協力をお願いいたします。

 

渋谷会長のごあいさつの中で、フランクフルト(ドイツ)で開催されていた「ジャパンウィーク」で、なぎなたが披露されていたというお話がありました。ドイツにもなぎなた愛好者の方々が多くいらっしゃるという、とても嬉しいお話でした。

日本の武道、なぎなたがたくさんの方々に知っていただけるといいですね。

 

今年度のクラブ数 12クラブ   会員数 114名 

 


平成24年慰霊観桜会が開かれました。

                                              

24年4月1日日曜日 神奈川県戦没者慰霊堂で観桜会が開かれ、なぎなたの奉納演武を行いました。

前日の春の嵐から一転、きれいな青空が広がりましたが、まだまだ風が冷たく、桜も蕾のままでした。

 

昨年は震災のため演武が中止となりましたが、今年は例年の賑わいが戻り、多くの方々になぎなたの「しかけ・応じ」「直心影流なぎなた術」を見ていただくことができました。

でも、桜の花のないのが本当に残念でした・・・。