なぎなたとは・・・


 

 「牛若丸と弁慶」のお話を思い出してみてください。牛若丸、のちの源義経の家来、弁慶が持っていた長い

 柄に曲線の刃がついている武器がなぎなたです。なぎなたは剣道と似ていますが

 『なぎきる=斜めから切り倒す』

 という独特の使い方があります。戦場で長いなぎなたを自在に操り、馬上の兵士を倒したり、海上での戦い

 においても有利な武器となりました。

 

 江戸時代には女子の護身用として用いられるようになり、武家に嫁ぐ嫁入り道具の一つでした。今日でもな

 ぎなたは女子の競技者が主流ですが、男子の競技者も多くいます。

 

 現在なぎなた競技で使われているなぎなたは、刃部が竹、柄部は樫の木で作られた210センチのものを使用

 しています。なぎなた競技は試合、演技の二種類があります。試合競技は防具を着けた二人の試合者が定め

 られた部位『面・小手・胴・すね・咽喉』を確実に早く打突して勝負を競います。なぎなたを振り上げ、

 持ちかえ、振り返し、繰りこみ、繰り出しなど、多彩な技を使って競い合います。演技競技は指定された形

 を二人一組の演技者によって行い、その技の優劣を競います。

 


なぎなたの効果

  ・身体への効果   健康な身体をつくります。

                            体力を向上させます。

                            バランスのとれた身体と良い姿勢をつくります。

 

  ・精神への効果   心身一体としての効果があります。

            気力と活力が養われます。

            集中力と意志力が身につきます。

            なぎなたは「礼にはじまり、礼に終わる」といわれ

                                  礼儀を重んじ相手を尊ぶ心が養われます。

 

段位

    ・全日本なぎなたの級    10級から

    ・全日本なぎなたの段    段まで

 

    それより上は「錬士」「教士」「範士」の称号を授かります。

    半年に一回行われる審査会に参加して、昇級、昇段を目指します。

    審査はなぎなたの実技と2級以上は筆記試験があります。